一戸建て住宅のマンションとの違いと魅力について

###Site Name###

近年の日本では一戸建ての場合には、高級住宅やハイグレードの建物以外では、築20年ほどが経過すると資産価値が無くなってしまう特徴があります。


国の対策としても中古住宅に関する査定の価値や、市場の整備に力を入れていると言えますが、そのような対策を講じたとしても一戸建て住宅は20年から30年ほどで、建物そのものの価値が無くなります。


この点からみてもマンションよりも、一戸建てのほうが土地の資産が残るために、建物の評価額がゼロの場合であっても、首都圏の土地があれば、数千万円の資産を残すことができます。

今、評判なのはこちらの三重の新築の情報を集めました。

新築の住宅の場合には、戸建てでもマンションでも、購入した直後に2割ほどの価値が下がると言われています。このときの評価が下がっているものは土地ではなく、建物の評価が下がることになります。



また、専有面積の中でなければ変化を加えることができないマンションとは異なり、一戸建てには法律による規制の範囲内であれば、建物の外観や内装を変化できるメリットがあります。



間取りを増やすことも減らすことも可能となりますので、子供ができるなど家族が増えたときに部屋を増やすことや、2階建て住宅を3階建てにすることもできます。

さらに、年齢を重ねていくにしたがって、収入の不安であったり、年金の問題などの社会的な背景も考えると、店舗併用の住宅にすることや賃貸として他人に貸し出したいという気持ちを持っている人もいるでしょう。


店舗用や賃貸用といて改装することも可能な点が、一戸建て住宅の魅力のひとつとして挙げることができます。